脱毛 エステ クーリングオフ

別の記事で、トラブルの中では契約関連のトラブルも多いと紹介しましたが、その中でもよくあるケースがあります。それは、体験キャンペーンなどのお試しで脱毛エステへ行き、言葉巧みにのせられて契約をしてしまったり、悪質なところですと強引に契約へと持っていかれてしまう場合です。帰宅し冷静に考えると高すぎて不安だけど解約できるのか、日にちが経っているけど大丈夫か、など疑問に思われるのではないでしょうか。
そんな脱毛エステの契約を解除する制度に、クーリングオフというものがあります。次の一定の条件を満たせば契約解除が可能ですので、ご覧ください。

クーリングオフの条件と方法

クーリングオフの条件は、契約してから8日以内であること、そして契約金額が5万円を超えてなおかつ契約期間が1か月を超える契約内容であること、の2点です。
クーリングオフの方法は、契約解除をするということを書いた書類を、簡易書留か内容証明郵便で郵送します。同時に、ローン契約やカード支払いをした場合は、信販会社やカード会社にも同じ文面を郵送します。あとは先方から連絡が来るのを待つだけです。

とにかく素早い行動あるのみ

クーリングオフが成立した場合、支払った代金が返金されることになります。この時には、違約金などを支払う必要はありません。
もしもクーリングオフの期間である8日以内という期限を過ぎてしまった場合、途中契約解除をおこなうことで解約になります。ただし契約書の中に違約金支払いが明記してあれば支払いをしなくてはいけません。
いずれにしても、クーリングオフはとにかく素早い行動あるのみです。