脱毛 エステ 時間

ここでは、脱毛法にそって、どの脱毛法が一番施術時間が短いのかをご紹介いたします。

電気脱毛

まず、電気脱毛ですが、これは昔の脱毛エステでの主流でした。電気を使い、毛根へ電気の周波を流しながら、毛を1本ずつ処理する方法です。
メリットは、肌への負担が一番少なく、一度施術をすると永久性が非常に高いことです。デメリットは、痛みを非常に伴います。クリニックなどでは麻酔を使うこともできますが、エステではそうはいきません。また、毛穴に針を1本ずつ差し込む方法なので、施術も長時間にわたります。
長時間でも良いのでこの方法をとるなら、クリニックなどの医療機関で施術されることをおすすめします。

レーザー脱毛

次に、レーザー脱毛です。毛根のメラニン色素にレーザーを反応させ、内側から脱毛させる方法です。
メリットは、肌への負担もなく、痛みも非常に少ないですし、施術する時間も比較的短時間で終わります。ただ、この方法は、クリニックなどの医療機関でしか扱えない方法です。保険も適用外ですので値段が高くなってしまいます。

光脱毛

最後に光脱毛です。これが一番おすすめです。最近の脱毛エステの主力にもなっています。サロンによっては、プラズマライト脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛など呼び方は違いますが、光の種類が違うだけで、原理は一緒です。
肌への負担や影響はほぼありませんし、痛みもほぼ感じません。そして、医療機関で行うより短時間で終わりますし、安くつきます。
エステサロンでしようと思われている方は、やはり光脱毛法をおすすめいたします。